消費者金融でお金借りるための必要条件

消費者金融でお金借りるための必要条件

消費者金融でお金借りるには年齢収入一定の信用があることが必要条件になります。
最低限収入がないとお金を借りることはできないので、借り入れたい金額が大きい方は収入証明書や納税証明書もきちんと用意しましょう。

成人していて信用情報に傷がなければ問題ない?

消費者金融、銀行からお金借りるには、最低限20歳以上の年令に達している条件があります。20歳以上で、かつ、安定した収入があることが必要条件で、運転免許証や個人を証明する書類、住民票などがあれば申し込みを済ませることはできます。

若いからといって誰でも借り入れできるわけではありません。
結局は収入に基づいて借り入れできる金額が変わります。
審査に通過するかどうかも収入によるところなので、若くて信用情報に問題がないからといって借り入れできるとは限りません。

また、大学生だった人は日本学生支援機構などから借りた奨学金完済前に借り入れをしようとしてしまうとそれだけで信用情報に傷がついてしまうことがあるので、奨学金の返済があることを忘れずにいましょう。学生ローンなどを検討するほうが良い場合もあります。

審査に通りやすい安定した収入の基準は?

消費者金融でお金借りるための必要条件

消費者金融の審査の一つである安定した収入というのは、毎月一定の収入があることを指すと考えられています。

 

もちろん、毎月3万円から5万円ほどではあまり借金できる状況とは言えませんが、アルバイトでもパートでも毎月10万円ほどの収益があれば年間120万円ほどの年収にはなります。
それくらいあれば消費者金融の総量規制を元にすると40万円までは借り入れができることになります。

 

年収が120万円で、アルバイトしかしていないとなると…
お金借りることができるのは実質借入限度額上限10万円から20万円ほどにしかならないのが一般的です。


 

安定した収入の基準は明確に定められていません。
個人事業主やアルバイターよりもサラリーマンや公務員のほうが審査に通過しやすい事を考えれば、毎月きちんとした収入が確保されている方がよいでしょう。少額でも毎月安定して収入がある人ならば消費者金融のサービスは利用できるはずです。

お金を借りる審査には傷が少ない信用情報も必要

消費者金融でお金借りるための必要条件

借り入れ審査で最もチェックされるといわれているのは信用情報です。
信用情報は、JICCCICなどに共有されている個人の支払履歴のようなものです。
携帯電話の支払い、公共料金の支払い、分割払いで購入したものの支払いなどがきちんと滞りなくできていれば傷がつくことはありません。
公共料金の支払いが遅れた場合は、遅延があったということで、事故情報が掲載されてしまうことがあります。

もちろん、不払いがあればすぐに事故情報として記載されてしまいます。
クレジットカードの発行や利用、カードローンや消費者金融のキャッシングなども審査に通過できなくなります。

既にクレジットカードを持っていても利用停止されてしまう事が多いため、特にネットバンクでは注意が必要になります。

お金を借りるなら返済能力は大前提!

消費者金融のサービスを利用する場合は、大前提としてきちんと完済できる能力が必要です。
安定した収入や、それまでのまじめな支払い履歴が信用情報から確認してもらえればその信用も高まりますが、それがないと借り入れの審査を通過できません。

10万円借り入れる場合は、約定返済日までに最低返済額を支払えるようにしましょう。
最短で返済したい方は次の給料日から借り入れた10万円を支払いきれるように家計を管理する必要もあります。

無利息期間内に完済できる場合は金利をあまり意識しなくても良いです。
金利がかかるほど長期間かけて支払っていく場合は、その分の金利も支払えるようにしないといけないので返済能力も自身できちんと把握しておきましょう。

お金を借りるための審査に必要な条件まとめ

審査が緩めとはいえ消費者金融でお金借りるには、年齢や収入、職業など一定の条件が必要です。

 

希望する借入額も身の丈に合ったものでないと審査に通過できなかったり、通過できても必要な金額を確保できなかったりしてしまいます。
賢く必要条件を満たせるよう努力して、いざという時に備えておきましょう。

 

お金借りる

>>お金借りる《最新》カードローンおすすめランキングはこちらから<<


お金借りる