金利なしの無利息ローンでお金借りるのがおすすめ

無利息ローン,お金を借りる

金利なしでお金借りるには、初回限定の無利息期間や無利息ローンを利用すると良いでしょう。
30日から180日など、無利息期間が設定される消費者金融もあります。
賢く返済をして便利に借り入れサービスを活用しましょう。

金利無しでお金借りるには

消費者金融からお金借りると普通は金利がかかります。
でも、金利なしでお金を借り入れる方法も実在します!

消費者金融を利用するのが初めての方は、無利息期間30日といったサービスを頼ることで金利なしでお金を借り入れできます。
借り入れたときから30日間は金利がかからないで利用できるため、非常にお得で賢く頼れば金利をほとんどかけずに返済することも可能です。

注意しないといけないのは、消費者金融によって少しずつサービスが異なっていることです。
借り入れから30日なのか、契約から30日なのか違いがあるということです。

 

また、返済する時に一括で全額返済しないといけないサービスがほとんど。
一概に便利なサービスとは言い切れないところがあります。

 

多くの消費者金融で繰り上げ返済の回数が決められていることが多いため、少しでも負担を減らすには賢く早めの完済を心がけましょう。

無利息期間は多くの消費者金融で30日

アコムやプロミス、レイクでも無利息期間が設定されています。
たいてい30日間が無利息期間です。

 

新生銀行のレイクは180日まで無利息期間があるサービスも存在します。

無利息期間のうちに借り入れすることを無利息ローンと言います。

こういうローンの種類があるわけでなく、借り入れた人自身で無利息ローンにできるように努力しなければいけません。
そのため、お金借りるときから給料日や返済金額を考えておき、余裕を持って借りたお金を返済できるようにする必要があります。

この無利息期間30日というサービスでは、1カ月分は金利がかからりません。

返済までに2カ月かかった場合は、30日分の金利が差し引かれます。
そしてもう残り1ヶ月分だけの金利でサービスを利用できることになります。

無利息ローンを利用する時の注意点

無利息ローンを利用する場合は、出来る限り一括で返済できることと、お金を借りすぎないようにする事が大切です。
借り入れしすぎると返済がすぐにできなくなる可能性が高いです。

 

毎月のお給料の金額よりも多くお金を借り入れる場合には、無利息期間中に返済するのは難しくなるでしょう。

無利息ローンは、30日という期日を守らないといけません。
計算ミスや換算ミスがあると、ほんの数日でも金利が発生することになってしまいます。

30万円の借り入れで18%の金利がかかると1カ月で金利は約4438円ほどになります。
この内数日分の金利がかかってくるとその分多く支払うことになります。

 

何ヶ月もかけて金利が高くなるよりは良いですが、どうせ節約するならば数百円の金利も払わなくていいように、無利息期間30日を賢く活用しましょう。

金利なしの借り入れは最初だけ

金利なしの無利息ローンでお金借りるのがおすすめ

多くの消費者金融で、金利なしで借り入れできる無利息期間30日を利用できるのは、初回利用時だけです。
そのため、何度も完済後に新しく借り入れをしても金利なしになるわけではないので注意しましょう。

急にお金を借りたいときには、最初だけでも金利がないローンがあれば利用しない手はないでしょう。
即日審査に通る可能性が高く、返済のしやすいサービスを見つけておければ非常に安心できます。

もちろん、金利なしだからといってまとめてたくさんお金を借りるのは危険です。
一度借金の泥沼にハマってしまうと抜け出せなくなることもあります。

 

返済能力があるのであれば、借金には頼らずに、自身のお金で用事を済ませるのが大切です。
金利なしにできるのは最初だけなので、本当に大変な時に消費者金融を頼るくらいのつもりでいて、普段から安易に頼ることはないようにしましょう

まとめ

消費者金融のサービスとして利用できる無利息期間を活用すれば、実質無利息ローンを利用したのと同じようにお金借りることができます。

 

返済のために一定の手数料がかかることはありますが、何年も継続して返済するわけでなければ、無利息期間を活用して、金利なしでお金借りるほうが賢いでしょう。

 

いざという時の借り入れをしないといけない時は、特にこの無利息ローンのサービスがあるかどうかで消費者金融を選びましょう。

 

お金借りる

>>お金借りる《最新》カードローンおすすめランキングはこちらから<<


お金借りる