学生・アルバイトが内緒でお金借りるための攻略法

学生・アルバイトが内緒でお金借りるための攻略法

学生・アルバイトが内緒でお金借りるための攻略法

サラリーマンだけでなく、アルバイトをしている学生やフリーターでもお金借りることはできます。
消費者金融によって借り入れできるかどうかは異なりますが、アルバイターやフリーターにも優しいサービスを選べば、借り入れも十分可能です。

 

収入があればお金借りることができる

消費者金融からであれば、安定した収入があればお金借りることができます。銀行のカードローンに比べると審査もそこまで厳しくはない上に、収入証明書がなくても借り入れできる金額で利用できるため、学生やフリーターでも消費者金融のアイフルやSMBCモビット、プロミスを頼ることができます。

 

最低限必要なのは20歳という年齢条件を満たしていることと、印鑑があること、住民票などの書類が用意できることです。アルバイトでの年収を元にして総量規制の制度に照らし合わせて借り入れできる金額が決まりますが、アルバイトの年収が100万円の場合は年収の3分の1である、だいたい30万円は借り入れできます。

 

借入希望額が大きくなるとそれだけ審査が厳しくなり、収入証明書が必要になることもあります。できるだけ無理のない10万円から50万円の範囲内でお金借りるようにすれば収入証明書がなくてもスピーディーに借り入れできるでしょう。

 

アルバイターが借りられる金額

アルバイトをしている人が借り入れできる金額はそれぞれの収入によって異なります。

 

毎月のアルバイト収入を12倍した金額がおおよその年収で、その年収の3分の1が借り入れできる可能性がある金額です。毎月8万円稼げている場合は年間96万円は収入があると考えられ、そのおおよそ3分の1である20万円が借入限度額に設定される可能性が高いです。アルバイトだけで生活費を賄うほど稼げている場合にも、それに応じた年収と総量規制の計算をして初めて、だいたいのお金借りることのできる金額がはっきりします。

 

一般的には10万円から30万円が借り入れできる相場だと思っていると良いでしょう。あまりたくさんは借り入れできないので、海外旅行や学費においてもあまり無理な借り入れはしないほうが良いです。

 

フリーターの平均年収はいくら?

アルバイトやパートだけでフリーに生活している人は総じてフリーターと呼ばれることが多いですが、毎日8時間アルバイトに入っていれば、毎日7000円から12000円は稼げているはずです。

 

それを元に1ヶ月のうちに土日をはぶいた約20日間働いたとすると14万円から24万円は稼げている計算になります。

 

源泉徴収などで手取りが減ってしまった場合、たいてい20万円は平均して稼げることになるため、12ヶ月分では約240万円の年収があってもおかしくはありません。

 

フリーターとして週に3日4時間だけ働いている場合はその労働時間に応じた収入にしかならないため、働くシフトを増やすか、時給の良い仕事に切り替えるとより収入を上げることができます。借金でお金の都合をつけるよりは、シフトの入り方や仕事を変えて経験を積んだほうがプラスになる場合も多いです。

 

返済の負担に注意しよう

フリーターやアルバイターがお金借りる場合は、借り過ぎに注意し、返済が長期的に続くことを理解した上で消費者金融を利用するようにしましょう。

 

30万円借り入れた場合は、毎月の返済額が約1万円に固定されて、それが3年から5年ほど続くことになってしまいます。毎月の収入から一気に返済できるならば金利の心配はあまりないですが、返済期間が長くなるほど金利は10万円、20万円と増えていってしまいます。

 

フリーターやアルバイターにとってはちょっとした出費でもかなり苦しいものですから、まとめての借り入れは避けて、返済を楽に済ませられる金額だけお金借りるようにするのが賢い頼り方です。

 

まとめ

アルバイトをしている学生や、アルバイトだけで生活するフリーターでも一定の収入があれば総量規制に従って、お金借りることはできます。

 

若いうちでも、返済の負担は変わらないので、継続して収入を確保できることを確かめ、きちんと返済し続けられるかどうかよく考えてから、本当に必要な時だけ消費者金融を頼るようにしましょう。

 

お金借りる

>>お金借りる《最新》カードローンおすすめランキングはこちらから<<

トップへ戻る