お金借りる前に必要な情報|お金借りるおすすめランキング【最新版】

即日でお金借りるなら消費者金融がおすすめです!

即日でお金借りるなら消費者金融がおすすめな理由!

即日でスピーディーにお金借りる事ができます

アコムやプロミスといった消費者金融では、即日でスピーディーにお金借りる事ができます。

 

スマートフォン、iPhoneひとつあればお金借りるのも簡単

消費者金融のサービスと安全性は年々高まってきており、スマートフォン、iPhoneひとつあればお金借りるのも簡単になっています。

 

万が一の資金不足にも対応

賢くお金借りることができれば、万が一のトラブルや急な事故、旅行中の盗難による資金不足にも対応できます。

お金借りる消費者金融おすすめランキング【最新版】

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

プロミス

実質年率 4.5%~17.8%
利用限度額 1万円~500万円
審査時間 最短30分
特徴 最短1時間融資なのでお急ぎの時も頼れる!
自動契約機の設置台数No1なので夜・土日祝もOK!
女性にはプロミスレディースもあります!

SMBCモビット(三井住友銀行グループ)

ランキング2位

実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
審査時間 10秒簡易審査
特徴 [10秒簡易審査]即日審査・即日融資のサービス
[WEB完結申込]秘密重視のサービス

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ)

ランキング3位

実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
審査時間 最短30分
特徴 即日融資は最短1時間で借入も可能です!
30日間金利0円サービスも実施中!

J.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)

実質年率 年0.8%~12.0%
利用限度額 10万円~1,000万円
審査時間 最短30分融資※1
特徴 【日本初】AIスコアにより貸付利率・契約極度額が決まる!
自分に合った適正な条件を提案してもらえます!
金利も0.9%からと低く即日融資にも対応していて魅力的です。

※1)平日8:10~14:45までに契約・借入申込が完了した場合

 

即日にスピーディーにお金を借りるのに最適な消費者金融の上手な使い方

アコムやプロミスといった消費者金融では、即日でスピーディーにお金借りる事ができます。最もよく知られているのは、前日の夕方、夜、または、お金が必要な当日午前中早いうちにオンラインで申し込みを済ませておく方法です。そうすれば夕方、夜くらいには口座にお金が振り込まれて、なんとかお金借りることができます。

 

この方法では、ATMやCDなどを利用せずに、取引しやすい銀行口座にお金を振り込んでもらうため、入出金手数料などがかかってしまう可能性がありますが、最も早い方法です。少し前までは、銀行カードローンのようにローンカードがないとお金借りることができませんでしたが、今ではカードがなくても即日でお金を借りられます。

 

この場合、ローンカードは後日郵送で送られてきて、そのローンカードがないと返済ができないため、先にお金を借りて、後から計画的に返済する事になります。

 

消費者金融のサービスと安全性は年々高まってきており、スマートフォン、iPhoneひとつあればお金借りるのも簡単になっています。安全面では、家族や職場にもバレにくくなって、返済の仕組みや契約内容の確認もスマートフォンでできます。

 

こっそり人にバレないようにお金借りる事ができれば、それだけ生活費や飲み代、旅費などをスマートに支払えるはずです。

 

デビットカードを持っている人であれば、口座に入金さえしてもらえれば現金を引き出さなくてもカードで支払いできるので、余計な消費を抑えられます。従来に比べるとアコムやプロミスは世間的な印象も改善されているため、万が一バレてしまってもそこまでひどくいわれることもないでしょう。

 

賢くお金借りることができれば、万が一のトラブルや急な事故、旅行中の盗難による資金不足にも対応できます。

 

本当ならばお金借りる状況に陥らないようにしたいものですが、どれだけ気をつけていてもお金を借りないとどうしようもない状況は1度や2度はできてしまうので、いざという時に備えて、借り入れをスピーディーにできる状況を作っておくのは社会人としての常識でもあります。

 

クレジットカードを持っている場合は、そのカードに付帯しているキャッシング機能を生かして、急な出費に対応できます。消費者金融のクレジットカードは金利が高いですが、借り入れしやすいという点においてはとても魅力的です。

 

スマートフォンやiPhoneなど、多くの人が利用している端末ではより安全に、素早くお金借りる事ができるよう会社側からも新しいサービスが追加されています。返済も借り入れもスマホ一つだけあればできるようなネットバンキングの工夫や、消費者金融の返済口座への振込だけで、その月の約定返済ができるサービスもあります。

 

消費者金融のアプリやサービスを直接利用しなくても、楽天銀行やジャパンネット銀行などのスマホアプリから振込をする要領で返済ができます。

 

毎月アコムやプロミスのATMに訪れていると他人や知人に見られてしまったり、気づかれてしまったりすることもありますが、スマホからの取引ならばほぼバレることはありません。

即日審査でお金借りるためにすべきこと

お金借りる

即日審査で、即日お金借りるためには一定の条件をクリアする必要がありますが、決して難しくはありません。

 

事前準備さえできていれば誰でもできるので、まずは金利や返済方式などを比較してどこの消費者金融を利用するか決めておいてください。

 

午前9時までにオンラインで申し込み

借り入れしようと思っている消費者金融のオンライン申し込みサービスを活用し、遅くても午前9時までには申込みを済ませましょう。できれば、お金が必要になる前日には申し込みを済ませておき、朝一番でATMを訪問できるくらいの準備を整えておいてください。

 

必要書類をスキャンしてスマホに取り込んでおいたり、運転免許証をスマートフォンやiPhoneで撮影して保存しておいたりすると申込みはスムーズに進みます。

 

サービスを利用する曜日によっては即日借り入れできない可能性があるため、できるだけ平日に申し込みするように気をつけてください。

 

電話確認はその日に対応

お金借りる

即日借り入れできる場合は、その日のうちに在籍確認の電話や個人確認をしてもらえます。

 

この在籍確認の時間は消費者金融側の都合でしかないので、何時頃に電話がもらえるかははっきりしないですが、会社や個人宅でしっかり電話対応できれば審査は基本的に問題はないでしょう。

 

ただし、在籍確認の電話が急に会社にかかってくるとたいていはバレてしまいます。普通は、個人名を指定して会社の電話番号にかけてくる人はまずおらず、営業や接客が多い部署、対外的な連絡が多い部署にいる人であれば基本的にバレません。また、係長や課長、部長と言った役職であれば、電話が来ても特に違和感はないので会社の中での立場も少し意識しておいたほうが安全です。

 

立場的に電話に出るのが難しい場合もあるので、まずは事前に会社に電話が来ても何も言われないような状況を作り出したほうが良いです。

 

夕方にはお金借りることができる

即日でお金借りる場合でも、たいていは午後3時以降、夕方から夜にかけての時間になってようやく振込してもらえる事が多いです。公共料金や生活費の支払い期日には、ギリギリ間に合いそうなタイミングですが、コンビニなどで支払いできるものでないと間に合わないこともあります。

 

そのため、実質支払期日の2日前にはお金借りる用意をしておかないと、計画的にお金の支払いに間に合わせられません。平日ならばまだ余裕を持って振込や支払いができそうですが、土日や祝日になるとお金借りる人が増えることもあり、消費者金融側からの手続きが遅くなっってしまう事があります。

 

何よりも早めに申し込むしかないので、お金が必要になった時には早々にオンラインで申し込みしておきましょう。

消費者金融の金利を少なくする返済方法

お金借りる

消費者金融の返済方式に多いのは、元利均等返済方式とリボルビング返済方式です。

 

毎月返済しきれていない元金に対して金利が加算されて、約定返済日、返済月に、その金利と合わせて元金を少しずつ返済するというものです。これは、元金の返済が早ければ早いほどかかる金利が少なくなります。

 

10万円お金借りる場合は、毎月3000円から5000円を返済することになる場合が多いですが、そのうち半分程は金利として消費者金融に支払い、その半分の1500円から2500円ほどが10万円の元金の返済に当てられるといった感覚です。

 

そのため、返済額に従って支払っていると実質返済ペースが遅すぎるため、毎月1万円から2万円の支払いをして、一気に元金の返済を進めたほうが金利の支払いを減らすことができます。お金借りる時には、そこまで余裕が無いかもしれませんが、生活に余裕をもたせながら、少し我慢をして一気に元金を減らすことで、金利をトータルで減らせます。

利用する消費者金融を選ぶ決め手とは!?

お金借りる

アコムやプロミスなど消費者金融はいくつも会社があり、そこからどれかを選ぶのは決して簡単ではありません。

 

長い期間掛けて返済することになるからこそ、お金借りる会社をきちんと選ぶのは大切です。

 

まず、一般的に言われている選別基準は、金利と返済方式です。ただし、金利はどこの会社もほぼ同じで約18%と比較するほどの差が出てきません。返済方式の違いもほとんどない可能性が高いため、確認程度にチェックするしかできないのが実際のところです。

 

しかし、返済方式のちょっとした違いは返済総額にも影響するため、十分確かめておきましょう。

 

意外と重要になるのが約定返済日です。毎月何日までに返済をするのか指定されるものですが、これが給料日の前に設定されてしまえば、お金の管理はより難しくなります。職場の給料日やお金を引き出しやすいのがいつなのか、それによって消費者金融を選ぶと良いでしょう。たいてい10日、20日、月末など一定の間隔で返済日を決められますが、返済希望日を選べない場合は特に注意しなければいけません。

 

金利や返済方式よりも生活に適した返済日を選べるサービスを見つけるのはとても大切です。

 

また、きちんとチェックしないといけないのが、クチコミやユーザーの評価です。消費者金融の店舗スタッフの対応のことや、実際の返済総額、金利の意識の違いや、過払い金請求に対しての対応の仕方などさまざまな人間性をチェックできるクチコミや評価があります。

 

地域によっても店舗のサービスの質が異なっているため、あなたの住んでいる地域でお金借りるためにその消費者金融が十分満足できるサービスを持っているかどうか確かめましょう。

 

返済に便利なATM・CDの設置場所や数もできるだけチェックしておき、返済しやすい環境が整っている消費者金融を選べば延滞金などの発生を抑えられるでしょう。

消費者金融のサービスと安全性は年々高まってきており、スマートフォン、iPhoneひとつあればお金借りるのも簡単になっています。安全面では、家族や職場にもバレにくくなって、返済の仕組みや契約内容の確認もスマートフォンでできます。

 

お金借りるランキング

>>お金借りる《最新》カードローンおすすめランキングはこちらから<<

お金借りるのに失敗しないためにお金借りる前に必要なこと

お金借りる前に確認しなくてはならない項目があります。
お金を借りたい時は借りる方法ばかりに目が行ってしまいますが、本当に大切なのは下記の2点です。

 

①返済能力
②個人信用情報(属性)

 

返済能力

お金を借りる前に

最近ではお金を借りるのは賃金会社のシステムが整備されて簡単に行えようになりました。
しかしお金を借りたら必ず返済しなければなりません。

 

お金を借りる会社を決める時には是非、返済しやすさも考慮して検討して下さい。
お金を借りる時に一番大事になるのは返済能力です。

 

返済能力が高いと賃金会社に認めさせることができれば、希望額でお金を借りることができます。
返済能力を高く見せるためにはしっかりとした返済計画を事前に練る必要があります。

 

なによりも大切なのは返済計画ですね!
返済計画が立たないようならお金を借りる訳には行きません。
例え借りられたとしてもその後でもっと大変な目に合ってしまいます。

 

個人信用情報(属性)

最近の借入審査の一次審査はコンピュータで機械的に行われるので、
属性と言われる個人信用情報は非常に重要です。

 

属性が良い方と言うのは勤務年数が長いサラリーマンの方であったり、公務員の方も属性が高いです。
逆に属性が低い方は、会社を転々と変えていたり過去に返済遅延などがある方です。

 

貸出側もしっかりと返済してくれると思う方に貸出をする訳であり、
社会的信用度が高い方が属性も高いことになります。

 

お金を借りたいと思った時に属性をすぐ高くすることはできないですが、
常日頃から属性は高めて置いた方が住宅ローンや自動車ローンをするときなどにも有利です。
借入審査に不安がある方は参考になります。

 

賃金買者を決める時の注意点

賃金買者を決める時に気を付けなければならない点があります。
それは賃金業法が改正され闇金(ヤミ金)と呼ばれていた悪徳業者はかなり姿を消しました。

 

しかし姿を消したからといっても未だに存在しているのも事実です。
大手消費者金融や名前の知れた銀行カードローンの利用でしたら問題無いですが、
名前も聞いたことが無い賃金業者からお金を借りるのは注意願います。

 

いくら急いでいるからといって、『審査なしでお金を借りれます!』なんて甘い言葉にだまされないで下さい。
お金を借りるのに『審査不要』なんてありえないです。

 

一度、闇金などの悪徳業者に捕まってしまうと完遂させてもらえなくなり
いつまでも借金をしている状態にして延々と利子を取られてしまいます。

カードローンの借入審査基準と判断基準の分析

お金を借りる前に

カードローンを利用するためには必ず借入審査を受けなければなりません。

 

借入審査基準は、どこの消費者金融も機密事項であり
公表されていませんが、基本的な審査基準は変わりません。

 

借入審査で落ちた方の傾向を分析すれば、おおよその借入審査基準は伺えます。

 

借入を希望する金額が高くなればその分、消費者金融側も貸し倒れが怖いので
審査が厳しくなるのも当然ですが、審査基準は高くなっても審査内容は変わらないことが多いです。

 

まず消費者金融のカードローンの場合は総量規制の法律が適用されるので、
年収の1/3までしかお金を借りることはできないのは覚えて置く必要があります。

 

審査が厳しいと言われる消費者金融会社もありますが、消費者金融会社もお金を貸して利息を得て、
初めて経営が成り立っていますので、貸しても良いなら誰でもいつでも貸したいのが本音です。

 

それでも借入審査で落ちる方が多いのは、落ちている方は
返済の目処が立たないか、返済計画を説明できないからです。

 

返済能力が高いと判断されれば、いくらでも消費者金融は貸してくれます。

 

借入審査を受ける時に大切なこと

返済能力

借入審査基準で一番重要視されるポイントは、その方の返済能力です。
返済能力が高ければ審査で落ちることはまずありません。

 

返済能力を高めること、または返済できることを印象づけられれば借入審査で心配することは無くなります。

 

属性(個人信用情報)

加えて重要になるのは、属性と言われる個人信用情報です。

 

勤続年数が多いサラリーマンであったり、持ち家で安定した生活をしていると属性は高く借入も行いやすくなります。

 

借入審査の必要書類

余計な手間をかけないためにも借入審査の時に提出する必要書類は間違わないようにしましょう。

 

属性を良く見せるために虚偽の申請をするのは最悪です。

 

昨今では個人信用情報は全て専用サーバーに抱えられており虚偽の報告をしても、
スグばれるばかりでは無く印象が悪くなってしまい、お金を借りにくくなってします。

 

故意で無いにしろ借入審査の必要書類の記入を間違うと
虚偽を働こうとしていると受け取られるケースもありますので注意が必要です。

 

即日にお金を借りれたのに、申請書類にミスがあって即日にお金を借りれなくなったケースも多いです。

 

消費者金融側からすると、ケアレスミスも虚偽申告も区別が付かないので
うっかりミスしてしまった言い訳通用しないです。

 

必要書類の作成は落ち着いて行う必要があります。

 

借入審査基準のまとめ

結局、借入審査で重要になるのは大きく言うと下記の2つです。

 

①返済能力
②個人信用情報(属性)

 

返済能力も個人信用情報(属性)も高めれて行けば、
スムーズにお金を借りることが可能になって行きます。

 

もし審査で落ちるケースがあったとしても、小手先のテクニックに頼るにでは無く
大筋の①返済能力と②個人信用情報(属性)を振り返って改善していったほうが
再審査でも合格する可能性は高くなります。

 

正しい方法で賢くカードローンを利用して行きましょう!

無職の方はお金借りる前に確認すること

お金借りる前に大切なこと

無職だと即日お金借りることが出来ないと思っている方が大半でしょう。

 

消費者金融や銀行カードローンでは必ず借入審査がありますので、
無職の方では審査に合格することができないので厳しいのが現実です。

 

しかし無職の方でも審査なしで、即日お金借りることが出来る方法があります。

 

すぐにお金を借りたい時には、無職の方でも自分名義のクレジットカードを持ってれば
即日にお金借りることが出来ます。

 

無職でも審査なしで職場の在籍の確認なしで確実にお金を借りられ方法が、
手持ちの本人名義のクレジットカードにはショッピング枠と言う枠があるので、
それを使ったクレジットカード現金化をすることはできます。

 

土日でも、申込みしてから最短30分程度で振込可能な金融業者もあり、
本当にお金がなくて借り入れをしようにも他では不可能だった時に利用してみる価値があります。

 

ただし、カードのショッピング枠に利用可能残高があれば可能です。
返済するのは、通常のカードでのショッピングと同じで、1回や分割払い、リボ払いから選べます。

 

他人名義のクレジットカードでの現金化をすると言う不正利用を防ぐために、申込み後に業者から
本人確認の電話がある場合や、運転免許証などの確認をするためにFAX送信が必要な場合もあります。

 

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法は、無職でも即日お金借りることが出来る方法ですので、
本当に困った時のために知っておくと役立ちます。

 

お金借りるランキング

>>お金借りる《最新》カードローンおすすめランキングはこちらから<<

トップへ戻る